SPECIAL

【SPECIAL EVENT】ドリコレ会場でCDを購入&予約して、スペシャルイベントに参加しよう!

CD物販コーナーEVENT開催!

NU'EST 【ハイタッチ会】 11:30~/16:30~
當山みれい 【サイン会】 13:15~
剛力彩芽 【握手会】 15:00~/18:00~

※会場でCDを購入・予約した方を対象にしたイベントとなります。CD購入・予約時に整理券をお渡しします。 ※参加は先着順となります。あらかじめご了承下さい。 ※ステージ進行の都合上、時間が変更する場合がございます。

【TV ON AIR!】イベント当日の模様をダイジェストでお届け!

TOHOKU DREAM COLLECTION TV 2014 【10/18(土) 12:00~13:00 ON AIR!】

特別番組

“もう一度ドリコレ当日の感動を味わいたい!” という人にオススメの特別番組を仙台放送でON AIR! 秋冬のトレンドや当日の盛り上がりをぜひCHECKしてみて。

※編成の都合上、放送時間が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

毎年人気! ドリコレオリジナルグッズ

「オリジナルマフラータオル」を
数量限定で販売!

毎年人気のドリコレオリジナルグッズ。今年はメインビジュアルのかわいいサーカス団のイラストをプリントした、「オリジナルマフラータオル」を会場ロビーの物販コーナーで販売。数量限定なので、早めにGETしよう。

※売り上げの一部は「仙台放送ともに募金」として「東日本大震災みやぎこども育英会」を通して震災孤児などの支援にあてられます。

■オリジナルマフラータオル
【価 格】1,500円(税込)
【カラー】ライトピンク(※1色のみ)
【サイズ】21cm×110cm
仙台放送WEBショップ
オリジナルマフラータオル
限定100個! Web先行販売中!「Webで購入」+「会場受け取り」でお得にGET!Web先行販売は2014年10月2日(木)24:00まで

TOHOKU DREAM COLLECTION 2014のビジュアルのデザインには東北6県の伝統生地や柄、織物が素材として使われています。

ビジュアルデザインイメージ

AOMORI-南部裂織

寒冷な気候のために木綿の育成や入手が難しかった、南部地方(青森県東部)。こたつ掛けや仕事着、帯など大切に使った布を細く裂き、織りこみ、衣服や生活用品へと再生させた織物が「南部裂織」。経糸に木綿糸、横糸に古布を用いて織った裂織は、丈夫で温かく、使い続けるとやわらかな風合いに。
●協力/南部裂織工房「澄」

AKITA-秋田八丈

200年の歴史を持ち、雅味のある鳶色と黄色が特徴の「秋田八丈」。秋田県の無形文化財に指定されながらも後継者がおらず、2003年に惜しまれながら秋田市の工房が操業を停止。存続が危ぶまれましたが2006年、工房の職人が北秋田市を拠点に受け継ぎ、職人たちが織りなす伝統の技を後世に伝え続けている。
●協力/ことむ工房

IWATE-紫根染め

ムラサキという植物の根で染めた日本に古くから伝わる草木染めのひとつ。手絞りならではの微妙な染めムラが美しい。南部藩の重要産物として京都朝廷や江戸幕府への献上品、諸国大名家への土産品として珍重。下染めに半年、絞りに2~3ヶ月、染めの工程を12 回繰り返し、仕上げ後は数年寝かせるなど天塩にかけて作り上げる逸品。
●協力/有限会社 草紫堂

YAMAGATA-庄内刺し子

米刺し・うろこ刺し・菱刺し・そろばん刺しなど、「庄内刺し子」の特徴の基礎刺しは、約40種類。豊年万作、大漁祈願、商売繁盛や家族の健康など、願いや愛情を込めて作り上げた庄内の女性の伝統の美。その伝統を藍の地に白の未晒糸(みさらしいと)で、一針一針、丁寧に守っている。
●協力/平田さしこの会

MIYAGI-常盤紺型染め

江戸時代後期に生まれ、仙台で発達した型染めの技法。型を用いて木綿のさらしに柄を染め抜いたもので、明治から昭和初期にかけて発展を遂げた。「常盤紺型染め」を使って染められた品々は“仙台浴衣”などと呼ばれ、仙台をはじめ、東北各地や北海道でも愛された逸品。季節を感じさせる柄の手ぬぐいや小物なども販売されている。
●協力/名取屋染工場

FUKUSHIMA-会津木綿

陸奥国会津郡(現在の福島県西部)に江戸時代初期から伝わる伝統工芸品。 木綿平織の堅牢な織物は地元の人たちをはじめ、白虎隊の少年たちや野口英世も愛用されていた。近年では、デザインに工夫を加え、光沢のある最上綿糸を用いながら手織の風合いのある民芸織物として、高い評価を得ている。
●協力/山田織元

PAGE TOP